スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.9/Good Morning 

こんにちは!

朝から家族と喧嘩をしてしまい、みんなでふて寝。なんかもうやりきれない気持ちになって、カクテルをつくって飲んだのですが、パンチがない。気分よくならない。ので、ビールでも飲みながらのお昼のひと時です。最近病んでないか?大丈夫か?自分。

どうしてうまくいかないのかなー。何がいけないのかなー。

本日の1枚。

Good morningGood morning
(2007/03/15)
no.9

商品詳細を見る


日本人アーティスト、城隆之氏によるユニット、No.9の通算4枚目となるアルバム、『Good Morning』です。

エレクトロニカ、ブレイクビーツ好きにはたまらない。電子音がポコポコキラキラしていて、とっても気分の良くなる音楽です。
疲れたり、イライラした時に聴けば、最高の癒しミュージックになりそうです。

アコースティックギター、ピアノなどの生楽器による叙情的で優しいメロディ、NO.9らしい躍動感溢れるビートに、繊細なエレクトロニクスをリリカルに配置した、清涼感あふれるオーガニックポストロック~エレクトロニカ作品に仕上がっている今作。

鳥の声、雑踏の音、水の音などのサンプリングも要所要所に散りばめられていて、そこがまた味わい深い、センスを感じます。

是非一聴していただきたい1枚。試聴は、当アルバムの中で、唯一ボーカル入りの曲。10曲目に収録されている、『Through The Trees』を選んでみました。どうぞー♪↓



スポンサーサイト

Nightmares On Wax/Thought So… 

こんばんは!

本日の1枚。

Nightmares On Waxの『Thought So…』です。

Thought So... [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC206)Thought So... [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC206)
(2008/09/20)
Nightmares On Wax、ナイトメアズ・オン・ワックス 他

商品詳細を見る


エレクトロニック・ミュージックの老舗レーベルWarpから、Nightmares On Wax、6枚目のアルバム登場です。

イビザへと向かうトリップの最中に、ミュージシャン仲間達とセッションして作った楽曲集だそう。

1、2曲目から、ノリノリの声と、リズムに合わせてのパーカッション、かけ声が入った音楽が始まります。まるで、『こちらの世界においでよ!』と誘っているかのよう。

3曲目はぎゅんぎゅんと歪んだ電子音が印象的なR&B風な1曲。

味のあるビートメイキングやダブミックスの妙技に、レゲエやヒップホップ、ソウルといった要素からの華やかさが溶け込んでいます。

特に、前半は明るく、後半はしっとりなイメージ。

さらりと聴ける1枚。

試聴は、Warpから。

もしくは以下の動画から、どうぞー♪4曲目に収録されている『Be There』です。↓



The Notwist/The Devil, You + Me 

こんばんは!

先日、草津に行ってきました。

3分熱いお湯に浸かるという『時間湯』を体験してきました。

それから帰宅して2日間、今まで悩んでいた不眠の症状がなくなったんです。

これは本格的に湯治しに行こうかな、と真剣に考えてしまいました。

さて、本日の1枚。

最近、サイケだのディスコだのとちょっと聴きづらいところもある音楽ばかり紹介していたので、今回はその流れを止めて、万人に受け入れられる(と思う)音楽を紹介します。

The Notwistの『The Devil, You + Me』です。

The Devil You + MeThe Devil You + Me
(2008/06/03)
Notwist

商品詳細を見る


オルタナティブな音楽に、優しいボーカルや電子音が寄り添うように乗っていきます。

後半は、やや寂しげな曲構成とボーカル。

どちらかというと、前半の方が、明るい曲が多くて、個人的には好みです。

試聴は、5曲目収録の、『The Devil, You & Me』です。↓



補足ちゃん。 

昨日書いた記事で触れていた、『The Game of Minority』は、かなり前に感想を書いていたので、リンクを貼っておきます。

『The Game of Minority』

それと、こちらは動画もあったので、貼っておきます。

『Clear Matter』と、『The Game of Minority』。↓





Nanofingers/LOVE AND RESOLUTION  

こんばんは♪

今日の夜は、とりためておいた映画を見ました。

『96時間』という映画でしたが、なかなか迫力のある映画で、面白かったです。

さて、本日の1枚。

サウンドエンジニアとしても活躍するSo Akashiによるソロプロジェクト、Nanofingersのアルバム、『LOVE AND RESOLUTION』です。

LOVE AND RESOLUTIONLOVE AND RESOLUTION
(2008/10/17)
Nanofingers

商品詳細を見る


これはもう、制作している方の抜群のセンスから生み出される音楽なのでしょう。

他の方では到底生み出せない、独自の音楽性、研ぎ澄まされたビートメイキングは正に職人技です。

重厚なビートと、ピアノのような電子音(?)も所々にあり、美しいメロディー、ドラマティックな展開は、ジャンルの枠に収まらない唯一無二の作品になっていると思います。

中には、no.9の名曲『Alive』をリミックスさせた曲もあり。

ただ、個人的には、同Nanofingersのアルバム、『The Game of Minority』のほうが好きかなー。

これについては、また後日書かせていただきます。

動画は探したのですが、見つからなかったため、今回は載せません。

『The Game of Minority』の方はたくさん見つかったのにな。

次回に期待…ということで、今回はこのへんで。

おやすみなさい☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。