スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカナクション/GO TO THE FUTURE 

こんばんは!

最近隔日睡眠になってしまい、2日に1回しか眠れないという散々な思いをしております、管理人です。

今日は地元の美味しい焼き鳥屋さんに行って来たのですが、様々ありまして悪酔いを・・・。普段そんなに酔わないんですが。ストレスとか負荷がかかったせいかと思います。頭痛が激しいです(苦笑)

どんなにもがいても眠れないものは仕方ないので、これは音楽聴いて楽しい気持ちになろう!と前向きに考えています。

そんな本日の1枚。

サカナクションの『GO TO THE FUTURE』です。

何だか、日本人のアーティストさんについて書くの久しぶりなような気がします。最近携帯ミュージックプレイヤ―で聴いてみたらなかなかどうして良かったので紹介させていただきます。

GO TO THE FUTURE

ちょっと、画像大きすぎてはみ出してますが、ご容赦を(笑)

サカナクションは、2005年に結成され、2007年にデビュー。ギター、ボーカル担当の山口一郎を中心とした男女5人で構成されているバンドです。

バンド名は『魚』と『アクション』の単語を組み合わせた造語のようで、山口一郎は、ひねくれたこと、良い意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない『サカナ』を入れ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて『サカナのアクションでサカナクション』にしたという趣旨をインタビューで述べているそうです。

そんなサカナクションの『GO TO THE FUTURE』は、彼らのメジャー1stアルバム。

これが1stとは思えない完成度の高さ。音楽性としては、ロックとダンスミュージック(打ち込み)を合体させたようなサウンドが特徴的。この何とも言えない心地よい音の中、ボーカルの声がはっきりとした滑舌で歌詞を歌い上げます。歌詞も良いのですが、私は音楽性が好きで聴いています。

特に、1曲目に収録されている『三日月サンセット』は名曲だと思います。もちろん他の曲も良いのですが。

一人で歩いている時や、電車やバスに乗った時、流れる風景を見ながら聴くこのアルバムは、すーっと心の中に入ってきて、少し憂いや、切なさを感じる内容となっています。

名盤なのは間違いない!是非聴いてみて下さい。試聴は、1曲目に収録の、『三日月サンセット』。どうぞ!↓



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。