スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tortoise/A Lazarus Taxon (Disc3) 

こんばんは!

相変わらず眠れないので、ブログでも書いて気を紛らわせます(苦笑)

明日はひいきにしている京都の和服屋さんがセールを行うというので、招待されてしまい、昼間から出かける予定です。それなのに明日は寒くてしかも雨!!和服を着て行きたかったのですが、それも難しそうなので、私服で行って、現地で和服に着替えようと画策中です。50万くらいする着物が、20万くらいで買えるんですって。買わなくても、目の保養になりそうです。楽しみだな。

はい!そしてやってきました、Tortoise最終章!Disc3のご紹介です!

A Lazarus Taxon

1曲目は非常に宇宙的です。惑星の間を飛んで行くような、不思議な感覚に陥ります。音づくりなんかは、toeに似てるかも。ドラムが良く働いている印象です。

2曲目は心臓の鼓動のような音がバックで流れる中、ギターの音が所々に流れます。暗い曲です。間違っても明るい曲とは言えないです(笑)

3曲目は一転して柔らかな印象。たゆたう心地良い音の波の中、広がっていくふつふつとした世界観。こういうの好きです。

4曲目。嵐の如く吹きすさぶ音から始まる一曲。フィールドレコーディングが続き、人の声が入っていたり、足音や、お皿を運んでいるような音、水を使用している音が流れてくるのが印象的ですが、それが終わった後が、この曲の真骨頂。木琴のような音が巧みに鳴り響き、ギターの音と、ドラムの音が合わさって、たまらなく気持ち良い一曲になっています。

5曲目は太めのベース音が鳴り響き、そこに様々な音が交わってくる、少し暗めですが、聴きやすい一曲です。

6曲目。ドローンミュージックみたいなボワーンとした音から始まります。そして、転調する瞬間にドキッ。木琴の音がビートに乗ったリズムに重なって、そこからはノリノリのDJミュージックです。これは乗れる!(笑)

7曲目は、淡く、儚い音の反復からのスタート。ずっと静かにうねる様な音像が響きます。最後の方は音がありません。それでも秒読みで続いていく無音の時。

8曲目。ちょっとジャズっぽい一面から始まります。音のうねりが気持ち良い。癒されるんだけど、こっちに行けば良いんだよ、って道しるべになってくれているような曲です。

本日の試聴は、1曲目に収録されている、『Alcohall』です。どうぞ!↓



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。