スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

world's end girlfriend/Hurtbreak Wonderland  

こんにちは!

今日は、デイケアの集まりに行って、カラオケをして来ました。たくさんの人と話せて、楽しかった!やっぱり私は、誰かと話をしたり、ワイワイ賑やかにお祭り騒ぎをしたり、そういう事が本質的には好きなようです。でも、一人の時間も大切。メリハリなんですかね。それでも、どっちの私も私だから。

そんな今日の1枚は、以前にも紹介した事のある、world's end girlfriendの『Hurtbreak Wonderland』です。
以前の記事はこちら→

Hurtbreak Wonderland

まずこのジャケットが素晴らしい。どなたが描いたのか・・・音楽の世界観を絵に凝縮したような感じさえうけます。素敵な絵です。

1曲目から鳥の声のさえずりの環境音。それと共に、優しく、ゆったりと響く音像には、一瞬にしてこのアルバムの世界に入りこませてしまう、そんな魅力のある音です。

2曲目は、ゆったりとした鼓動のような音に乗せて、囁く女性の声が特徴的。終盤に向かうにつれ、だんだんと曲が盛り上がっていき、最後はまた静かな環境音に変わり、フェードアウトしていきます。

3曲目は、不安をかきたてるかのような音から始まりますが、ピアノの音がゆっくりと動き出し、柔らかな曲調になっていきます。そんなこの1曲は、『百年の窒息』という曲名。そんなに窒息していたら、さぞかし苦しいだろうに・・・。13分超えの音楽です。

4曲目は、また静かな、まるで何もない荒れ野原に一人立たされたようなイメージで曲が始まります。そして、そこに穏やかな打ち込みの音が重なってきます。ただ、音程が非常にフラット。不安定な音程の中にずっといると、気分が悪くなってしまう方も、もしかしたらいるかもしれません。私でも、この曲は少し聴いていて辛い・・・。

5曲目は、曲の軸になっている、ピアノの音が印象的。古いオルゴールをかけたかのような、少しさみしげな音像。

6曲目は、ピアノと打ち込みの音楽が穏やかに繰り広げられ、モノクロの写真機で誰かが写真を撮っている光景が浮かんできます。後半はピッチが速くなり、賑やかに。急に視界が開け、晴れてるのにばらばらと雨が降ってくるかのような、不思議な世界。少し眩暈。

7曲目は、少しさみしげなピアノの音から始まります。終始、どこか不安定な感じを受けますが、じんわりと心に色がつくような、そんなイメージが湧いてきます。

8曲目は、ドローン的な音に乗せて響きだす音たち。ふっ、と途中で音楽が切れるところがあり、はっとさせられます。これも決して明るい音楽とは言い難いです。どこかさみしげで、不穏な感じ。形容するとすれば、誰もいない公園で乗り捨てられたブランコが宙を舞っている感じでしょうか。後半は激しい音像に切り替わります。ブランコは変形し、元の形を無くして揺れまくる。

9曲目は、静かな音から始まりますが、これも何とも言えない不安定な音像の1曲。一定の暗いリズムに合わせて、ドアを開け閉めするかのような環境音が鳴り響きます。ざわざわいい始める。聴いてるこっちも心がざわざわです。この曲は聴けない人は聴けないかもしれません。

10曲目は、一定のリズムのピアノにだんだんと音が重なっていきます。静かで、流れるかのような音。中盤にさしかかると、うねる電子音が入りますが、それも少しの間、すぐに穏やかな音に変化していきます。川の流れが、次第に海に向かうような、そんなイメージを彷彿とさせます。

今回聴いてみて思ったのは、world's end girlfriendの曲は、どれも物語性があるな、という事でした。聴く人によって浮かぶ光景は様々でしょうが、何かが脳裏に浮かんでくる。それは、いつかの記憶かもしれないし、頭の中で創り出された世界かもしれません。そして、エレクトロニカ好きな方には、是非とも聴いてほしい。そんな音楽です。

試聴は、アルバム全てが聴けるものがありましたので、そちらを載せておきます。作業中のBGMや、瞑想にどうぞ。↓



コメント

いつもどうも

このアルバム聴きながら、ブログ書かせてもらいました。
このアルバムがなかなか心地よいものだったので、怒りに満ちた内容の記事が、そこそこソフトに?なったような気がします(笑。
おかげさまで、、、。
では、また。

Re:

GOMAさん>

こんにちは!

いつもありがとうございます。

アルバム、お気に召していただけたなら、何よりです。

何か怒りが湧きあがるような事があったのでしょうか?大丈夫ですか?

音楽が、少しでも心をやわらかくしてくれていたら、幸いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinknoizm.blog60.fc2.com/tb.php/491-6812341d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。